神戸三宮・大阪|日髙整体院(日高整体院)は側弯症改善大塚式RHPI療法、装具療法で治療を行っています。

療法について

初めてのご来院の方へ

当院の療法について

側弯症改善大塚式RHPI療法について

RHPIは「RIB HUMP PUSH IN」の略です。

特発性脊柱側弯症を改善するために必要なこと

(1) 側弯症改善大塚式RHPI木型
この木型で脊柱起立筋、腹横筋、腹直筋などを伸展させる。
伸展させることによって、体が伸びて、綺麗になっているので、装具が装着しやすい。

(2)大塚式の改善できる装具を装着する。

(3) そくわんエクササイズ(体操)
この体操をすることによって、体幹筋を鍛え、
装具を外していても、いい状態が保てるようにする。

装具(Brace)に関しては、医師からは、25~30度から装着するよう言われますが、
この度数に至らなくても体の回旋(肋骨、腰椎部分の出っ張り)が
大きくなってきている場合は、装具装着するよう指導しております。
わざわざ悪化してから装具しなくても、悪化する前に、それを防いだ方が良いからです。

1.横に揺れるベッドに乗ってもらい、仰向けや横向きに寝た状態で施術します。(木型を使用)

写真つぼ押しやポキポキしても効果はありません。
(ただし、こりなど筋肉がかたくなっている場合は、まずそれを取り除くことが必要です)
無痛ですので小さいお子様でも安心して施術を受けられます。
ボディーラインの改善も可能です。

2.側弯症改善のための体操、身長のチェックの仕方、姿勢について指導します。

写真まず体操ですが、これは可能な限り左右均等にするために、左右対称に行ってもらいます。
そして、筋力(抗重力筋)ができることによって、体が凸の方向(出っ張りの方向)へいかないように、できるだけ真直ぐの状態に保てるようにしていきます。

次に身長チェックですが、毎日測ってもらいます。そして、その身長差(側弯症の方は差が大きいことが多い)をみながら、今後どういう施術をするべきかを考えます。また、月毎や1年毎で身長がどれだけ伸び、差がどうなったかをみながら、年齢も考慮して、どのような施術をしていくか判断していきます。もちろん差はない方がよいです。

そして姿勢ですが、これは長い時間静止しているとき、特に注意しなければなりません。少しでもよくなる方向へ体の状態をもっていってもらいます。このよい状態を保つためには筋力が大事であることはいうまでもありません。ぜひとも、患者様自身がよくしようという意識をもって行ってもらうことを願います。

3.レントゲン重視

  • 側弯症は医師の診断が必要であるため、必ずレントゲン検査を受けてください。
  • その後の定期検査も大切です。
  • 短い期間でも進行してしまう場合がありますので、現在の度数を把握することが大切です。
  • レントゲンは脊柱全体が写っていることが大切です。
    (20歳以上の方は強要しません。成長段階にあるお子様は必ず検査を受けてください)

装具療法について

写真側弯専門病院における装具療法の目的はあくまで現状維持です。「悪化すれば手術」であり、装具で改善しようという考えはないのが現状です(医師の中には改善しようと思っている方もいらっしゃいますが)。
しかし、患者様やそのご家族の方は、そのような考え方を受け入れられるわけがありません。当院では、改善できる装具をつけてもらっております。

装具適用度数

基本的には25度以上あるいは30度以上となっております。ただし、年齢と体の変形度合いによります。

装具装着時間

23時間・16時間・夜だけ装着・夜は外すなど病院により指示が違います。

装具装着期間

  • 成長終了時期までですが、それ以降は矯正損失がないように徐々に外す時間を増やしていきます。

装具について

  • 装具に関しましては、医師の診断のもと、ご本人様、ご家族の方と相談しながら行います。
  • 装具をすでに装着されている方で体に合っていない装具であれば、病院を紹介し、装具を変更していただくこともあります。

ただし、病院・装具社は東京になります。関西には、大塚整体治療院推薦の装具を取り扱っている装具社がないためです。あらかじめご了承ください。

▲ページのトップに戻る

あきらめないでゆっくりいきましょう 日髙整体院 〒651-0094兵庫県神戸市中央区琴ノ緒町4-6-5 ラルーム三宮602 診療時間 10:00~19:00 定休日 木曜日 (祝日は診療可) ご相談・ご予約はお気軽にどうぞ TEL/FAX 078-242-5043 ※完全予約制

MAP ご予約・お問い合わせ